メニュー

商品NO:U00381  メーカー:平沼産業

検査・計測機器理化学機器

全有機炭素分析装置/TOC-2000

NEW

光触媒酸化チタン酸化法を用いて、試料中の有機体炭素の測定を行う装置です。多検体試料用のオートサンプルチェンジャASC-2630を接続することによって、最大63検体の連続測定が可能になります。ICを多く含む試料は、事前にICを除去して測定することも可能です。

商品のご購入・ご相談は
こちら

参考仕様

1.TOC-2000 本体

 【酸化方式】
  光触媒酸化チタン酸化方式(特許)
 【検出方式】
  非分散赤外吸収方式(Non-dispersive infra一red detector)
 【測定項目】
  TC、TOC、TIC、NPOC、POC(TC-NPOC)
 【測定範囲】 
  50ppbC~5000ppmC
 【測定所用時間】
  7~15分/1分析(濃度に依存)
 【試料採取量】
  10μL~10mL
 【精度】
  CV 2%以内(N=6.10μgC以上の測定において)
 【システム制御】
  パソコン(DOS/V)
 【外部通信】
  RS-232C (9Pinメス)
 【電源】
  AC100V 50/60Hz
 【消費電力】
  100VA
 【大 き さ】
  285Wx350Dx410H(mm)
 【重 さ】
  約20kg

2.ASC-2630 オートサンプルチェンジャ

 【試料設置数】
  63
 【試料容器】
  30mL ガラス製容器
 【電源】
  AC100V 50/60Hz
 【消費電力】
  30VA
 【大 き さ】
  420Wx370Dx330H (mm)
 【重 さ】
  約8.5kg


~スタッフコメント~
通電・初期動作確認は行っております。
測定環境にない為、測定動作確認は未実施です。






商品のご購入・お問い合わせ

    商品No.を入力

    ※自動で入力されます。

    お問い合わせ内容
    お名前(必須)
    お電話番号(必須)
    メールアドレス(必須)
    郵便番号
    ご住所
    FAX番号
    会社名
    役職名

    ご購入・お問い合わせはこちら

    お見積りやご相談は、メール/お電話にてお気軽にご連絡ください。専属の担当者が丁寧にご対応いたします。